まじトピ
まじで気になるトピックスをお届けするウェブメディア
ニュース

菊池桃子が結婚 旦那は新原浩朗(経済産業政策局長)で画像は?長男長女も応援

タレントの菊池桃子さんの結婚が報じられていますね。

結婚を発表したのは2019年11月4日。現在51歳です。

結婚した具体的な日付については定かではありませんが、今年に入って交際を始めた方と入籍したそう。

どうやらお相手は経済産業省の新原浩朗経済産業政策局長とのこと。

画像などについて見ていきます。

菊池桃子が結婚

まず初めに、今回の結婚の報道詳細です。

タレントの菊池桃子さん(51)は4日、自身のブログで、今年に入って交際を始めた男性と再婚したと発表した。相手は経済産業省の新原浩朗経済産業政策局長(60)。新原さんが共同通信の取材に応じ、同日付で婚姻届を出したことを明らかにした。

 菊池さんはブログで「お付き合いの間、何かと臆病な私を応援してくれていたのは長男と長女で、いま共に喜んでくれていることを感謝しています」とつづった。

出典:https://mainichi.jp/

 

どうやらブログにて、結婚を発表された様子。

では、そのブログを見てみましょう。

短い言葉でまとめられており、具体的な詳細については不明のままです。

今年に入ってからということは交際が始まって9~10カ月くらいでしょうか。

以前から仲の良い間柄だったのかは不明ですが、スピード婚ですよね….

51歳で結婚というのもびっくりですが、ちょっと思い切った行動をしすぎなのでは…とも思ってしまいます。

菊池桃子が結婚 旦那は新原浩朗(経済産業政策局長)で画像は?

では、次に菊地桃子さんの旦那について調べていきましょう。

現在発表されている情報によれば、旦那さんは経済産業省の経済産業政策局長、新原浩朗さん。60歳の様ですね。

こちらもかなり高齢。

高齢結婚でも双方が幸せなのであれば、問題ないと思いますが、子供についてはあまり考えていないのかな?とも思います。

年をとってからではなかなか難しいですからね。それを承知の上で結婚されたのでしょう。

旦那さんの画像について気になりますが、こちらの画像が出てきました。

右の男性が新原浩朗さんの様ですね。

なんでも、消費税増税にも深くかかわるような重要人物。

「検討事項(案)」として、増税に伴う駆け込み需要や反動による消費の落ち込みについての対応策が13項目にわたって列挙。増税後の値引きセール推奨、自動車減税、合理的な購買行動の推奨――。それぞれに担当省庁の割り振りまで記してあった。まとめたのは新原だ。
引用元:朝日新聞

 

スポンサーリンク

菊池桃子には子供がいる?

報道にあるように、菊池桃子さんにはお子さんがいる様子。

今回の結婚報道でも、子供たちに応援してもらったと報じられていますね。

 

長男と長女がいるようですが、さらに、長女出産の前に死産していた過去もあるとか。

辛い過去をお持ちの様子。

長女の方も、生後7ヶ月のとき、左の手足に障害があることが判明したとされています。

当時はかなり悩み、涙したそう。

 

幼稚園に入っても他のみんなと同じお湯にできないことに対して差を感じ、ストレスにもなったようですね。

ですが、「私がサポートしていこう。泣いている場合じゃない」と決意し、現在は障害を持つ人や病を抱える人たちの雇用について考え、大学に入学し、客員教授に就任したりと、社会活動にも意欲的な様子。

最初は隠すことも考えていたが、自分に向き合い、娘を応援するためにも公表して常に前向きに考えているのだという。

菊池桃子 元旦那は誰?

ちなみに、菊池桃子さんの元旦那ですが、

芸能プロダクション「新栄プロダクション」会長・西川幸男さんを父に、五月みどりさんを母に持つプロゴルファー、西川哲さん。

プロゴルファーとしての賞金金額も半端なく、以前に菊池桃子さんと結婚した当時の獲得賞金は、2000万。最高額は5100万円。の様です。

半端ないですね….しかし、結婚してからというもの、成績が下がってしまい、現在はかなりの少額であるという話も。

離婚した現在もその金額は変わらないようです。

なぜここまで下がってしまったのかは不明のまま。

離婚理由については子供が原因ともされていますが、結婚・離婚が彼にとって大きな問題になってしまったのかもしれません。

ネットの反応は?

では、ネットの反応を見てみましょう。

 

 

今回の結婚の発表では、一般男性とされていますが、経済産業省の局長となればもはや一般男性ではありませんよね。

日本の政治に関しても重要な役割を担っているようですし、ネットで調べると十分に名前も出てくるような有名人。

一般人の定義とはどこからなのでしょうか。