ライフスタイル

「コーラは体に悪い」は嘘?理由は?「歯や骨が溶ける」は都市伝説?

コカ・コーラがコーヒー味の炭酸飲料「コカ・コーラ プラスコーヒー」を発売することが発表されましたね。

一体どんな味なのか想像もつきません・・・。

個人的にはコーラとコーヒーは別々に飲みたいものですが、試してみたい気はします。笑

 

そんな話題のコーラですが、昔からよく言われるのが

「コーラは体に悪い」

「コーラは歯や骨が溶ける」

というちょっと恐ろしい噂。

 

コーヒー味のコーラが発売されると聞いて、改めてこの噂が本当なのか知りたいと思い調べてみました。

今回は、「コーラは体に悪い」「コーラは歯や骨が溶ける」という噂は嘘か本当か?についてお伝えしていきます!

「コーラは体に悪い」は嘘?

結論から言うと、「コーラは体に悪い」という噂はあながち間違いでもないようです。

それどころか、なんとコーラの成分に発がん性物質が含まれているとも言われています。

 

今まで美味しく飲んできたコーラの衝撃の事実・・・。

嘘であって欲しいというのが本音ですが、何が悪いのが詳しく見ていきましょう。

「コーラは体に悪い」と言われる理由は?

カラメル色素「4-メチルイミダゾール」

まず「コーラが体に悪い」と言われる理由の一つ目が、あの独特の色

あの色を出すために使われているカラメル色素に、4-メチルイミダゾールという成分が含まれているのですが、それが発がん性物質なのだそうです。

米国国家毒性プログラム(NTP)は、ラットに2年間4-MIを170 mg/kg b.w.投与した実験で、ほとんどの個体に癌の発生がみられたことから、2007年に発癌性物質に指定した

引用元:Wikipedia

※4-MI=4-メチルイミダゾール

 

発がん性物質と言われるとすごく怖い感じがしますが、この4-メチルイミダゾール、他にも

  • 黒ビール
  • コーヒー
  • 醤油

に含まれているとのこと。

日本人はコーラより醤油の摂取量の方が多いと思うので、そんなに気にすることもないような感じがしますけどね。

ズバリ砂糖の量

コーラが体に悪いと言われる理由二つ目は・・・

そう、コーラに含まれる砂糖の量です。

 

世界保健機関(WHO)の指針で、砂糖の1日の摂取量は平均的な成人で25グラム(ティースプーン6杯分)程度と発表されています。

 

砂糖を摂りすぎるとどんなことが起きるかというと、肥満だけでなく

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 肌荒れ
  • うつ病

などの症状が現れることもあるそうです。

 

これらを踏まえると、確かにコーラに含まれる砂糖の量は体に良くないことは一目瞭然ですね・・・。

スポンサーリンク

「コーラは歯や骨が溶ける」は都市伝説?

さて、コーラと言えば昔から言われてきたのが「歯が溶ける」「骨が溶ける」という噂ですが、こちらはどうやら嘘のようですね。

コカ・コーラが公式ページで回答していました。

Q.コカ・コーラを飲むと歯や骨が溶けるって本当?

A.コカ・コーラに限らず一般的に清涼飲料には酸味料が含まれています。そして、歯や骨の成分であるカルシウムやマグネシウムは、酸に溶ける性質を持っています。よって、清涼飲料、果汁などの酸を含む液体に、抜けた歯や魚の骨を長い間つけておくと、含まれるカルシウムやマグネシウムが溶けます。しかし、飲みものですので人間の骨に直接ふれたり、歯に長い間くっついていることはありません。安心してお飲みください。

引用元:https://j.cocacola.co.jp/info/faq/detail.htm?faq=18005

 

SNSで面白い実験を報告した方も。

 

これらのことから、「コーラは歯や骨が溶ける」という噂は都市伝説だったと言えそうですね。

まとめ

今回は、「コーラは体に悪い」「コーラは歯や骨が溶ける」という噂は嘘か本当か?について調べてました。

結果は、

  • 「コーラは体に悪い」という噂はあながち間違いでもない
  • 「歯が溶ける」「骨が溶ける」は都市伝説

ということが分かりましたね。

 

コーラを毎日飲んでいる人は気を付けた方がいいかもしれませんが、飲みすぎなければOKなんですね。

ということで、コーヒー味のコーラ試してみたいと思います!笑