まじトピ
まじで気になるトピックスをお届けするウェブメディア
芸能

桂三金さん死去 死因は病気?事故?本名や妻と子供は?趣味はストリートダンスで師匠は桂三枝

桂文枝さんの弟子で、上方落語家の桂三金さんが9日、急死しました。

享年48歳でした。

詳細が判明は、同期の桂米紫さんが10日、ツイッターで「同期の三金くんが、昨日亡くなりました。あまりにも唐突な、突然の死でした」と報告。

ツイッターは自身のブログ(現在は削除)とリンクしており、「夕べ9時半ごろ亡くなりました」と記されていたそうです。

8日に大阪・天満天神繁昌亭の昼席「落語家25周年ウィーク」で共演し、楽屋でバカ話をしていたことを明かしていました。

現在、所属する吉本興業からは正式発表はされておらず、今後、詳細を発表する予定です。

突然の急死に、関係者及び仲間やファンが早すぎる死に驚きを隠せません。

そこで今回は「桂三金さん死去 死因は病気?事故?妻と子供は?趣味はストリートダンスで師匠は桂三枝」と題しまして、急死した桂三金さんの死因や本名、家族関係などについて、さらに師匠である桂三枝さんのコメントや趣味について調査してみました。

それでは始めていきます。

スポンサーリンク

 

桂三金さんの死因は病気?それとも事故?

三金さんは、11月第2週の天満天神繁昌亭昼席「落語家25周年記念ウイーク」期間中の出演真っただ中に、9日の朝に自宅で倒れたといいます。

大阪市内の病院に救急搬送されたましが、脳幹出血のため帰らぬ人となりました。

桂三金さんの本名や妻と子供は?

三金さんこと、本名・奥野武志=おくの・たけしさんは1971年1月生まれ。

大阪府東大阪市出身で、自称「落語界の橋田壽賀子」とユーモアたっぷりの落語家でした。

三金さんの家族について調べたところ、奥さんがいらしたようです。

自身のブログに結婚を報告していました。

入籍は去年(2013年)の10月だったのですが、 昨日大阪天満宮で結婚式をあげることができました。

※公式ブログより引用(2014年4月17日公開)

なお、奥さんは一般人であるために名前や年齢は公表されていませんでした。

ですが、今年8月放送の『痛快!明石家電視台』に夫婦揃ってテレビ番組に出演していたのです。

奥さんの名前は「雅子」さんといい、当時38歳であることから夫婦の年齢は10歳差でした。

三金さんのかぞくについて判明したのは妻の存在だけであり、子供の有無は不明でした。

スポンサーリンク

師匠は桂三枝!趣味はストリートダンス

三金さんは、1994年に桂三枝さんの元へ(現六代桂文枝)入門し、00年にNHK新人演芸大賞優秀新人賞を受賞した実力派としても知られていました。

師匠の文枝さんは10日に「昨日は大変な日でした」と題してブログを更新。

弟子の急死には触れていませんでしたが「詳しいことはまた改めて(中略)こんなことが起こるのかと わたしの人生の中でも初めての出来事でしたので 落ち着かなければいけないのと 慌てふためいたのと」などとショックを受けた心境を記していました。

また、三金さんは生前、古典落語のほかにも趣味のゴスペルやストリートダンスなどを生かした創作落語でも人気を博していました。

三金さんは120キロを超える巨漢で知られていましたが、驚異の身体能力を生かし、ストリートダンスも得意としていたのです。

あまりにも早すぎる死にただただ驚くばかりです。

まとめ

今回は「桂三金さん死去 死因は病気?事故?妻と子供は?趣味はストリートダンスで師匠は桂三枝」と題しまして、急死した桂三金さんの死因や本名、家族関係などについて、さらに師匠である桂三枝さんのコメントや趣味について追ってみましたが、いかがでしたでしょうか。

あまりにも早すぎる突然の死に、奥さんも茫然としてしまっているに違いありません。

三金さんのご冥福をお祈りいたし、ここまでとさせていただきます。

最後までありがとうございました。