まじトピ
まじで気になるトピックスをお届けするウェブメディア
スポーツ

メネセスが解雇!スタノゾロールを使用した疑い!

オリックスファンには残念なニュースが入ってきました。

今シーズン期待されて入団した、新外国人のメネセス選手が、契約解除となりました。

禁止薬物を使用しての解雇ということですが、ファンとしても選手としても悲しい結末になってしまいました。

そこで今回は、「メネセスが解雇!スタノゾロールを使用した疑い!」と題してお伝えしていきます。

メネセス選手が契約解除になってしまった詳しい理由と、ファンの反応などを中心にお伝えしていきます。

それでは、始めていきます

メネセス選手のプロフィール

名前:メネセス

生年月日:1992年5月6日

出身地:メキシコ

身長:191cm

体重:100kg

所属球団:オリックス・バファローズ

メネセス選手はメジャリーグでの経験こそありませんが、傘下の3Aでは昨年20本以上のホームランを放ちました。

オリックスは長打力不足に泣いている状態だったので、メネセス選手には大きな期待がかかっていました。

しかし、本日をもって契約解除が発表されました。

一体理由はなんだったのでしょうか?

契約解除に

今回メネセス選手が契約解除になった理由は、禁止薬物を使用したとのことです。

正式には1年間の出場停止処分ですが、球団側は契約解除をしたと発表しました。

1年間出場できないのであれば戦力としては計算できませんので、致し方ない判断ですね。

禁止薬物を巡っては、元東北楽天で活躍したアマダー選手も禁止薬物で解雇となりました。

日本人と外国人では考え方が違うためか、海外では問題のない物質であっても日本では禁止されていることが多いです。

今回もその流れで解雇につながってしまったと考えられています。

日本プロ野球では、定期的にドーピング検査をおこなっているので、その検査に引っかかり発覚したということです。

スポンサーリンク

スタノゾロールとは?

今回メネセス選手から検出されたのは、スタノゾロールという物質でした。

この物質は、かつて陸上で大活躍したベン・ジョンソン選手からも検出された物質として知られています。

効果としては、筋肉や骨を丈夫にし赤血球を増やす効果があるとされています。

筋肉や骨を丈夫にするということは、ドーピングの1種として認識されることは当然ですね。

余談ではありますが、こういった禁止薬物は筋肉増強に繋がる一方で副作用も大きく、髪の毛が抜けるなどの副作用があるようです。

 

SNSでの声

おわりに

今回は、「メネセスが解雇!スタノゾロールを使用した疑い!」と題してお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

プロ野球シーズンはちょうど半分を終えましたが、オリックスは現状パリーグ最下位に沈んでいます。

そのため、メネセス選手にかかる期待も大きなものがあっただけに、このニュースは悲しいですね。

こういったドーピングでの処分がこれ以上ないように祈りたいと思います。

それでは、今回はここまでにさせていただきます。

ありがとうございました