ニュース

吉田栄一(ポルシェ詐欺)の顔画像や経歴は?犯行の理由と真相も!

誰もが憧れる高級外車「ポルシェ」の限定車を購入できるとうそを言って、

1億2000万円あまりをだまし取り、

詐欺の疑いで自動車販売会社の元社長の男が逮捕されました。

 

逮捕されたのは、吉田栄一(よしだ えいいち)容疑者(57)です。

いったいなぜ吉田容疑者はこのような詐欺を行ったのでしょうか?

また、吉田栄一容疑者の顔画像や経歴などについても

気になる方は多いのではないかと思います。

 

今回は、ポルシェ詐欺を行った吉田栄一容疑者の顔画像や経歴、犯行動機などの理由と真相について調査していきます。

吉田栄一(ポルシェ詐欺)の顔画像や経歴は?

吉田栄一容疑者が詐欺事件を起こしたのは、2013年3月だということです。

被害者は東京・港区の自動車販売会社役員の男性(40代)で、

吉田容疑者は

「限定生産の『ポルシェ918スパイダー』の販売枠を持っている。最後の1台を購入しませんか?」

などという嘘を言って

契約金として現金およそ8500万円

他にも塗装料などの名目でおよそ4300万円をだまし取ったとされているため

全部で1億2000万円あまりをだまし取った疑いがもたれています。

とんでもない金額ですね。

 

そんな莫大な金額を詐欺でだまし取ったとされる

吉田栄一容疑者の顔画像がこちら↓↓


引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20181121-00000049-jnn-soci

 

吉田栄一容疑者の経歴についてですが、

自動車販売会社を経営する社長だったということです。

年齢も57歳なので、結婚歴や子供がいるかなど調べてみましたが

詳しいプロフィールについては公表されていないようですね。

社長を務めていた会社についても、会社名や場所なども

今後調査の中で明かされる可能性はありますので

詳しいことが分かり次第追記していきます。

吉田栄一(ポルシェ詐欺)の犯行動機は?

警視庁によると、吉田容疑者はだまし取った金を借金返済などにあてていたということです。

「会社が経営難で運転資金が必要だった」と供述しているとのことで、

犯行動機は借金返済のためだったとしています。

おそらく金の使い道は借金返済だけではないと思いますが

詐欺を働かなければ経営できないような会社は遅かれ早かれ潰れるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ポルシェ詐欺を行った吉田栄一容疑者の顔画像や経歴、犯行動機などの理由と真相について調査してきました。

自動車販売会社の元社長だったという吉田栄一容疑者。

契約金や塗装料、エンジンパワーアップなど含めて

1億2000万円もの金額を詐欺でだまし取ったということです。

卑劣な犯行としか言いようがありませんね。

だまし取った金は会社の借金返済にあてていたと供述しているそうですが

警視庁は余罪を調べているとのこと。

吉田栄一容疑者についての経歴やプロフィールなどは

今後の調査で明らかにされる可能性がありますので

引き続き注目ですね。