まじトピ
まじで気になるトピックスをお届けするウェブメディア
芸能

浜崎あゆみが未婚の母で長男(息子)を出産!病院は海外で国籍は?父親の職業は?育児は誰が?

新年あけましておめでとうございます。

今年も旬な芸能ニュースを中心にお届けしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

本日は、芸能界の仰天ニュースが早くも届きましたよ!

浜崎あゆみさんが、男児を極秘出産していたことが今日未明に、会員制ファンクラブサイト「Team Ayu」にて報告されました。

出産時期は2019年11月で、本来ならば母親は心身ともに疲労困憊している時期であります。

歌姫の出産ニュースは日本のみならず、世界でも大きなニュースとして扱われています。

そこで今回は「浜崎あゆみが未婚の母で長男(息子)を出産!病院は海外で国籍は?父親の職業は?育児は誰が?」と題しまして、浜崎あゆみの極秘出産について、息子の父親の職業や育児は誰がしているのかなどについて調査してみました。

それでは、はじめていきます。

スポンサーリンク

浜崎あゆみの極秘出産は海外の病院?

浜崎さんが発表した文章は以下の通りです。

2020。

あけましておめでとうございます!

代々木でのカウントダウンライブを最後までそれぞれの場所から応援してくれた全国のTAの皆ありがとう。

大晦日に皆がくれた景色を目にした時は、何とも言葉にし難いほど胸がいっぱいになりました。

2020年のツアーを完走するパワー、フル充電させてもらいました!!

という訳で早くも2月20日からはトラブルツアーファイナルが再開します。

いよいよ締めくくりの旅となる今回は、8月のゴール沖縄公演で全101公演という未知の領域に到達する予定ですが、怯む事なくアップダウンありながらの私達らしいエンターテイメントのジェットコースターに乗って行きたいと思っているので、各地のTAの皆はとにかく楽しみに待っていて下さいっ。

最後に。

私、昨年末に天使を産みママになりました。

まだまだ思うように両立できずに自分にがっかりする日もたくさんありますが、ひとりの人間としての子供の人生や未来の為に、静かに見守っていてもらえると嬉しいです。

いつもこんな私の事を理解して受けとめてくれる皆には感謝しかありません。本当に本当にいつもありがとう!!

そして最後の最後にもう一言だけ!

自分の母親をはじめ、全てのお母さん達、改めて心から大大大リスペクトです!!!!!!!

それでは、2020年も変わらず爆走して行きますので共によろしく

極秘出産を隠し通せたことにまずは驚きです。

浜崎さんは、自身のSNSを頻繁に更新していたことから妊婦であることが全く想像も付きませんでした。

出産が海外だった説もすでに浮上しています。

そうなると、長男はどこの国籍を持つのでしょうか。

きっと浜崎さんのことですから、莫大なお金を駆使して極秘出産を成功させ現在も仕事に邁進できているのだと思います。

浜崎あゆみ長男の父親の職業とは?育児は誰が?

浜崎さんの極秘出産には誰もが驚いているでしょう。

そして、未婚の母として生きていく浜崎さん。

ですが、子供は女性一人では誕生しません。

では、長男の父親は誰なのかが気になりますよね。

相手は浜崎さんの1歳年下の一般人と報道がありましたが、それ以上の情報はないです。

ネットでもそれらしき人物の特定はできませんでした。

人物が特定されないと職業も不明です。

1歳年下ということからも、地に足が付いたVIPだとは察しがつきますが…。

こちらについては、情報が入り次第、更新していきますね。

また、普段は長男の面倒は誰がみているのでしょうか。

産後1ヶ月でライブを開催できるということから、専属のシッターさんを何人も抱え万全な体制で育児に取り組んでいらっしゃるのでしょうね。

浜崎さんの派手なネイルといい、おむつの交換さえ無理があると思います。

世間からすると「産みっぱなし」という例えが相応しいのでしょうか…。

ですが、浜崎さんなりに育児には奮闘しているようですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「浜崎あゆみが未婚の母で長男(息子)を出産!病院は海外で国籍は?父親の職業は?育児は誰が?」と題しまして、浜崎あゆみの極秘出産について、息子の父親の職業や育児は誰がしているのかなどについて追ってみましたが、いかがでしたでしょうか。

新年早々、ビッグな話題を振り撒く浜崎さん、さすがです。

不慣れな育児に苦戦しながらも手探りで日々母親として成長しているようです。

さまざまな憶測を呼ぶ今回の出産は、今後少しずつ明らかになっていくのでしょうか。

4月からは自著の小説がドラマ化され、出産も物語の鍵としてつながっていくのか、まだまだ目が離せませんね。

最後までご覧頂きありがとうございました。