まじトピ
まじで気になるトピックスをお届けするウェブメディア
イベント

2020年末年始のハワイ!気温や服装、旅費の相場、治安、アクティビティ、イベント&セール情報

2019年も残りわずかとなりましたが、みなさんは年末年始をどのように過ごされるのでしょうか。

お正月といえば芸能界ではハワイが定番であり、富裕層にとってはステータスであります。

そこで今回は「2020年末年始のハワイ!気温や服装、旅費の相場、治安、アクティビティ、イベント&セール情報」と題しまして、年末年始を過ごすハワイ情報をまとめて調査してみました。

それでは、はじめていきます。

スポンサーリンク

 

年末年始ハワイへの気温や現地での服装、旅費の相場について

年間を通じて大変過ごしやすく、楽園で知られる南国ハワイ。

ハワイも10月から雨季に入り、12月から2月にかけては1年で最も降水量が多くて気温が低い時期であります。

よって、年末年始のハワイは、一応冬の季節にあたるのです。

また、州都・ホノルルの平均気温は23度ほどなので、非常に過ごしやすい気候でありますが、朝晩には20度を下回る日もありますので、パーカーなどの羽織ものがあるとよいでしょう。

日中は、最高気温が25度以上になる時間帯もあるので、半袖・短パンでも大丈夫です。

ですが、ビーチやプールは水温が低く、入水には微妙なところです。

とはいえ、海水浴を楽しむ観光客は多数いらっしゃいますし、浜辺やプールサイドでの日光浴だけでも十分にハワイを満喫できます!

また、年末年始のハワイは1年で最も価格が高騰する時期であります。

お得なプランはすぐに完売してしまうほど、予約を取るだけでも困難です。

旅行客はハワイで年越しをするために、出国ピークが12月28~30日頃に集中します。

そして、仕事始めに合わせた1月2、3日頃が帰国のピークになります。

このピーク日に出発すると「航空会社指定なし、中級グレードホテルを利用するツアー(4泊6日)」の相場は1人あたり40~50万円ほど。

早めの予約で早期割引特典や出発日を早めたり年始にすることで、旅費を10~20万円も抑えることも可能です。

もしくは、一か八かで販売期間ギリギリのファイナルプランに賭けてみるのもアリ!

場合によっては相場の半額を切ることも可能かも知れませんよ♪

ハワイの治安やアクティビティ、セール情報について

世界中からのツーリストで賑わうハワイの年末年始には、臨時便や旅行会社のチャーター便が運航され、日本各地の空港から多くの日本人旅行者も到着します。

当然、ホテルが集まるワイキキは日本人で混雑し、特に夜のカラカウア通りは、たくさんの観光客が途切れることなく歩き、かなりの賑わいです。

これまで、凶悪な事件に巻き込まれた情報も少なく、治安はいいと思われます。

ですが、詐欺系の犯罪が多発。

すれ違いざまにぶつかり、高級なワインを落とした外国人に多額の料金を支払わされたという犯罪に巻き込まれる日本人も少なくはありません。

ですが、日本にいるいつもよりもわずかな緊張感を持って過ごせば問題なく旅行を楽しめます。

そして、ハワイでの人気のアクティビティですが、年始の初日の出を見る「ダイヤモンドヘッド登山」は、駐車場が満車となりレンタカーで出掛けた人が入れないことがあるのでご注意ください。

とにかく、旅行が決まったらレストランやオプショナルツアーの予約も早めにとることをおすすめします。

現地での予約はほぼ不可能と思っていた方がよいでしょう。

なお、混雑が緩和されるのは、毎年1月4日以降です。

年末年始は、セールも終盤に差し掛かり11月下旬から年明けまで続くホリデーシーズンのビッグセールが開催しています。

12月26日のアフタークリスマスセール以降は割引率が大幅に高くなりますが、残り感があり、あまり期待できません。

1月1日には、アラモアナセンター、ロイヤル・ハワイアン・センターなどのショッピングモールで日本と同様、「福袋」を販売します。

高価なブランドショップの福袋も販売されますので、これだけのためにハワイへ渡米する人もいるほど。

事前にお得な情報をゲットして、せっかくのハワイを思いっキリ満喫してくださいね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は「2020年末年始のハワイ!気温や服装、旅費の相場、治安、アクティビティ、イベント&セール情報」と題しまして、年末年始を過ごすハワイ情報をまとめて追ってみましたが、いかがでしたでしょうか。

年末年始ハワイの準備をしている人はもちろん、ハワイのお正月に興味津々の方も旅行に行った気分で参考にしていただければ幸いです。

最後までご覧頂きありがとうございました。