まじトピ
まじで気になるトピックスをお届けするウェブメディア
芸能

高橋文哉がドラマ「先生を消す方程式」で話題!写真集や彼女についても紹介

ドラマ「先生を消す方程式」という田中圭さんが主演のドラマが放送されていました。

そのドラマで高橋文哉さんは生徒役を演じていました。

いったいどんな役どころだったのでしょうか。

さらに来る2020年12月26日には、高橋文哉さんの写真集お渡し会が東京で開催されます。詳細についてお伝えします。

また、高橋文哉さんに彼女はいるのでしょうか?調査しました。

では、さっそく見ていきましょう!

 

高橋文哉のプロフィール

名前:高橋文哉(たかはし ふみや)

出身:埼玉県

生年月日:2001年3月12日

年齢:19歳

身長:176センチ

血液型:B型

中学の部活:バレーボール部

趣味:ダーツ・ボーリング

特技:フレンチ料理

職業:俳優・モデル

ジャンル:テレビドラマ・映画・舞台・CM

活動期間:2018年から

事務所:A-PLUS

 

初出演:日本テレビ「得する人損する人」

ウル得マンとの料理対決で勝ちました!

 

高橋文哉さんは、3人兄弟の末っ子です。

野田鎌田学園高等専修学校の調理高等科を2019年3月に卒業しました。

調理師免許高校の卒業資格を取得しました。

 

 

高橋文哉が出演したドラマ「先生を消す方程式」での役どころ

「私を殺したいですか?そういうの嫌いじゃないです。」が義澤経男のお決まりのセリフ。「先生を消す方程式」ってどんなドラマなのでしょうか。

高橋文哉さんはこのドラマで田中圭さん演じる義澤経男の生徒「藤原刀矢」役を演じています。ハイステータスな親をもつ藤原刀矢・長井弓・大木薙・剣力の4人グループがあるのだが、藤原刀矢以外の3人が親の権力を使い担任を追い詰め辞職に追い込んでいたのです。そんな名門私立高校の帝千学園3年D組の担任に自ら希望して就いたのが義澤経男先生でした。

藤原刀矢という生徒には3歳離れた妹がいたのですが、6歳のころに嫉妬から妹を殺めてしまったという過去を抱えています。表面上は優等生。でも裏では他の3人を仕切っているリーダー的存在です。

初めこそ先生に反抗する他の生徒をたしなめるのですが、ストーリーが進んでいくと彼の狂気的なヤバさが露呈していきます。

 

 

スポンサーリンク

高橋文哉の写真集お渡し会について

2020年12月26日に

高橋文哉ファースト写真集架け橋」が発売されます。

気になる値段は2500円。等身大のキラキラした高橋文哉さんが見れそうです。また、写真集発売に際して、東京では12月26日にブックファースト新宿店にてお渡し会が開催されます。

大阪や名古屋でも開催予定があったのですが、残念ながらコロナウィルスの影響で中止になったみたいです。

 

詳細

日時:12月26日(土)13:00から

会場:新宿店地下2階Fゾーンイベントスペース

※現在、整理券は予定枚数に達し、店頭や電話予約の受付が終了しています。

 

 

高橋文哉に彼女はいる?

調査の結果、高橋文哉さんの彼女の情報は見つかりませんでした

彼女として最も噂が立ったのは、「太陽とオオカミくんには騙されない」で共演しためるる(生見愛瑠)さんです。

ただ、めるるさんが高橋文哉さんのことを、

今のところ進展はないです。好きだけど友だちでいる感じ、なんて言ったらいいんだろう…付き合ってしまったら仕事に集中できなくなってしまいそうで、お互い今大切な時期で仕事に集中したいと思うし、自然とお互いその感じはあると思います。

引用元:https://mdpr.jp/interview/detail/1805719

と伝えています。

 

高橋文哉さんも、

いまは仕事優先でおつきあいとか難しいから、待っていてくれる人がいいな。ずっと待っていてくれたら、つきあって1日で結婚します!

引用元:https://news.yahoo.co.jp

とメディアで伝えていることから、めるるさんも高橋文哉さんも恋より仕事を優先していることが伺えますね。

 

 

高橋文哉についてネットの反応

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

2001年3月12日に埼玉県で生まれた高橋文哉さんは現在19歳です。

事務所は「A-PLUS」で、フレンチ料理を作るのが得意なのだそう。

最近では、「先生を消す方程式」というドラマに藤原刀矢役で出演していましたね。

また、来る2020年12月26日には、高橋文哉ファースト写真集「架け橋」が発売されます。楽しみにしているファンも多そう。

彼女についても調査したのですが、現在はいないようです。今は仕事に勢いが出てきた大事なときなので、彼女よりも仕事を優先していることが考えられます。

これから俳優としてさらに活躍し、人気を高めていってほしいです。