まじトピ
まじで気になるトピックスをお届けするウェブメディア
ニュース

鈴木俊一とは?桜田大臣の代わりに五輪相に就任!

オリンピック・パラリンピックの大臣を担当していた桜田大臣が、失言の責任を取る形で辞任しました。

池江璃花子選手での問題発言や、サイバーセキュリティ担当大臣にも関わらずパソコンは使えない発言など、残念な発言が多く見られたためです。

遅すぎる判断のような気もしますが、代わりに鈴木俊一という人が、オリンピック・パラリンピックの担当大臣に就任しました。

そこで今回は、「鈴木俊一とは?桜田大臣の代わりに五輪相に就任!」と題しまして、鈴木大臣のプロフィールや家族構成、経歴などを調査していきます。また、桜田前大臣についても少しだけ触れます。

それでは、始めていきます。

桜田前大臣の残念な発言

今回辞任することとなった桜田大臣ですが、物議をかもした発言について取り上げていきます。

まず、池江璃花子選手が白血病であることが判明したときには、「がっかりした」という発言をして批判を浴びました。

さらに先日、「復興よりも自民党議員が大事」という発言をして、結果的にはこれが辞任の引き金となりました。

サイバーセキュリティ担当大臣も兼務していましたが、「パソコンは使わない」などと発言もしており、非常に信頼が薄い大臣であったことは間違いありません。

そんな桜田さんに代わって、鈴木俊一さんが大臣となりました。

鈴木俊一のプロフィール

名前:鈴木俊一(すずきしゅんいち)

生年月日:1953年4月13日(64)

出身地:東京

学歴:早稲田大学教育学部

 

岩手県から選挙に立候補している鈴木大臣、当選回数は9回というベテランです。

実は以前にも、オリンピック・パラリンピック担当大臣を務めていた経験があります。内閣改造の際に、桜田全大臣との交代となりました。

鈴木大臣としては、以前までの職に戻ったということになりますね。

ちなみに、父親は鈴木善幸さんという方で、第70代の総理大臣を務めた方です。

そういったこともあり、鈴木大臣の家族構成もすごいことになっていますが、その点は後でお伝えします。

スポンサーリンク

鈴木俊一の経歴は?

早稲田大学卒業後は、全国漁業協同組合連合会というところに就職しました。

2世となるため議員になるかと思いきや、最初はそうではなかったのですね。

その後、父の善幸さんが政界を引退したことをきっかけに、岩手から立候補し見事当選。議員としてのキャリアを歩み始めることになります。

東北出身であるためか、東日本大震災復興特別委員長を歴任した過去を持っています。

今回のオリンピックは「復興五輪」をテーマにしているので、まさにうってつけの人材ではないでしょうか。

鈴木俊一の家系図は?

そんな鈴木大臣の家系図ですが、有名な議員との繋がりが非常に多いです。

堤敦子さんという人が鈴木大臣の妻になりますが、なんと宮澤喜一さんのいとこにあたります。

宮澤喜一さんは誰でも聞いたことがあるはずですし、そういった繋がりがあることは政治家として活動する中でも、強い味方になります。

さらに、鈴木大臣の姉は麻生太郎さんの妻にあたります。

麻生さんは長きにわたって政治家として活躍していますし、こちらも有名な人物です。

まさに政界にたくさんの繋がりがあるといえますね。

SNSでの声

まとめ

今回は、「鈴木俊一とは?桜田大臣の代わりに五輪相に就任!」と題しまして、鈴木大臣のプロフィールや家族構成、経歴などをお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

桜田前大臣が非常に失言が多い大臣であったため、鈴木大臣にかかる期待は大きなものがあります。

オリンピックまでもうあと1年少しでの交代はみっともないですが、鈴木さんには頑張ってもらって、成功させてほしいと思いますね。

それでは、今回はここまでにさせていただきます。

ありがとうございました。