まじトピ
まじで気になるトピックスをお届けするウェブメディア
芸能

高嶋忠雄さんが老衰で死去 かつて長男が家政婦に殺害された事件とは?政宏・政伸のコメント 

「イエーイ!」でおなじみの高島忠夫さんが老衰のため26日に死去した一報が先程入りました。

享年は88歳。

通夜・葬儀告別式は遺族の希望により27日に妻・寿美花代さんの「最後は家族で見送りたい」という希望で家族のみで密葬を執り行ったとのことです。

また、今後お別れ会などの予定はないとのことです。

高島さんは、1951年に映画会社新東宝のニューフェイス『新東宝スターレット』の第1期生として芸能界に入りました。

翌52年、映画『恋の応援団長』でデビューし、同年に『チョイト姐さん思い出柳』で初主演を果たしています。

その後は、新東宝で主演級の歌うスターとして活躍し大スターへと上りつめたのです。

また、妻で女優の寿美花代とは寿美さんが司会の『季節のミュージカル』にゲスト出演をきっかけに、2年間の交際を経て63年に結婚。

64年には長男が誕生していますが、ここで壮絶な事件に見舞われます。

生後5カ月の長男・道夫さんを当時17歳の家政婦によって殺害される信じがたい悲劇が起こりました。

そこで今回は、高島忠夫さんの長男が殺害された事件の詳細について、また次男・政宏さん、三男・政伸さんからのお父様に向けたコメントを調査してみました。

スポンサーリンク

 

高嶋忠夫長男殺害事件

糖尿病、アルコール依存症のほか、1997年から26年間続けて愛着のあった仕事である『ごちそうさま』の司会交代や母親の入院などがきっかけで、98年に重度のうつ病を発症していた高嶋さん。

さらに、パーキンソン病や、2010年には不整脈のため心臓にペースメーカーを取り付ける手術を行うなど、病とも闘い続けたのです。

ですが、高嶋さんには自身の闘病よりも苦しい”過去”がありました。

1964年(昭和39年)8月24日未明に、高嶋夫妻の第1子となる長男・道夫ちゃんが生後5カ月で殺害されました。

犯人は、住み込みで働いていたお手伝いの当時17歳の少女Aが風呂に沈めて殺害したのです。

当初は室内を物色されたように装うなど、窃盗の仕業に偽装したのですが、同日昼ごろ、少女は犯行を自供しました。

2013年6月に放送された「独占密着!真実の高島ファミリー『忠夫さん、死ぬまで一緒やで』~寿美花代 献身愛で闘う夫の病~」の番組内で寿美さんはこの事件を振り返り、「夜中に(お手伝いさんが)『道夫がどこでもいない』ってことになって、探し回った。一番最後にお風呂を…フタを明けたら、道夫がいた…。(道夫の周りに)泡がいっぱい出てて…」と生々しい状況を告白しています。

「夜中2時すぎぐらいで、あちこち病院行ったけど、どこも受け入れてくれなくて。やっと1軒受けてくれた時には…」と悲しみに溢れた寿美さんは声を震わせていました。

出産後も女優業を続けていた寿美さんは、夜はAに子守りを頼んでいたようです。

今も、手帳の奥に道夫ちゃんの写真をしのばせている寿美さんは、「私が一緒に寝てやらんかったから…。忠夫にそっくりでね…。なんで殺されなあかんかったのか、分からないんですけど…」と涙を浮かべ後悔の念を吐露。

「いまだに、お風呂っていうとシャワーしか浴びれない…」と今も苦しみ続けていることを明かしたいました。

さらに、事件後には、赤ちゃんの泣き声や、「ママー、苦しいよ」といういたずら電話が頻繁にかかってきて、さらに苦しめられたそうです。

その後、65年に政伸さん、66年に政宏さんが誕生しました。

最愛の父へ、政宏・政伸からのコメント

高嶋政宏のコメント 

病院からの、あと5分後にご家族集まってください!のエマージェンシーコールが頻繁にあるようになったのが2年前。

その度に全身が総毛立つような感じにはなりましたが、ここ数ケ月、寝たきりの状態が多くなり、呼吸も弱まり、母曰く最後は眠るように旅立っていった、のがせめてもの救いです。

マスコミそして父のファンであった皆様、報告が遅くなりましたことお許しください。ありがとうございました。

高嶋正伸のコメント 

父は、最後まで明るく良く通る声で笑ったり、話したりしながら、大好きだったフリオの歌声に包まれて、本当に穏やかに旅立ちました。

このような穏やかな最期を迎えられましたのも、長きにわたり父、高島忠夫を応援して下さった皆様のおかげだと思います。

心より感謝を申し上げます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「高嶋忠雄さんが老衰で死去 かつて長男が家政婦に殺害された事件とは?政宏・政伸のコメント」と題しまして、高島忠夫さんの長男が殺害された事件の詳細について、また次男・政宏さん、三男・政伸さんからのお父様に向けたコメントを追ってみましたがいかがでしたでしょうか。

知らない方も多いと思いますが、壮絶な事件に巻き込まれ、苦しい日々を送ってきた高嶋さん。

ご冥福をお祈りし、今回はここまでにさせていただきます。

ありがとうございました。