ニュース

勝俣恒久のドバイ移住は本当?デマ?家族や経歴・年収もチェック!

東京電力の勝俣恒久(かつまた つねひさ)元会長の公判があり

その被告人質問の答えがあまりに無責任すぎると話題になっています。

 

2011年の東日本大震災における福島第一原発の事故をめぐって

業務上過失致死傷罪で強制起訴された勝俣恒久元会長。

一体どんな人物なのか、気になる方も多いのではないかと思います。

また、噂になったドバイ移住の噂についても気になりますよね。

 

今回は勝俣恒久氏の家族や経歴・年収、ドバイ移住は本当かデマか?についても調査していきます。

勝俣恒久氏の家族や経歴・年収は?

 

勝俣恒久元会長のプロフィール・経歴はこちら↓↓

名前:勝俣恒久(かつまた つねひさ)

生年月日:1940年3月29日(78歳)

出身大学:東京大学

 

東電社長(2002 – 2008)
電気事業連合会会長(2005 – 2008)
日本原燃会長(2005 – 2008)
東電会長(2008 – 2012)
チャデモ会長(2010 – 2011)

引用元:Wikipedia

 

勝俣恒久元会長は

代々木ゼミナール創設者の一人である勝俣久作氏の四男として生まれました。

勝俣家は5人兄弟で、兄弟それぞれがとても豪華な肩書なんです。

 

長兄・勝俣孝雄氏:新日本製鐵元副社長・九州石油元会長

次兄・勝俣邦道氏:日本道路公団元理事

三兄・勝俣鎮夫氏:東京大学名誉教授

弟・勝俣宣夫氏:丸紅元社長

という、もの凄い一家です。

なかでも孝雄・恒久・宣夫は産業界の勝俣三兄弟として知られたそうですよ。

 

勝俣恒久元会長自身は結婚していて、妻と娘がいることは明らかになっています。

ご家族の名前や顔は公表されていないみたいですね。

そして驚きなのは、

勝俣元会長の娘婿は東電元社長の清水正孝(しみず まさたか)氏であるということ。

お見合い結婚かどうかは分かりませんが

東電元会長の娘が東電元社長と結婚というのは、ちょっとびっくりですね。

 

また勝俣恒久元会長の年収についてですが、

東電の役員報酬は2009年度で平均3700万円、社長は約7200万円
(引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/5580102/)

という情報がありました。

勝俣元会長の当時の年収はおそらく1億円くらいだったのではないかと思います。

勝俣恒久氏のドバイ移住は本当?デマ?

 

勝俣恒久元会長は2013年に、

ドバイの高級マンションで暮らしているという噂がありました。

これは本当なのかどうか、詳しいことは分かっていません。

しかし、現在も勝俣元会長のWikipediaには

居住:アラブ首長国連邦・ドバイ

記載されているんです。

これが本当なら、いまも自宅はドバイにあるのかもしれません。

スポンサーリンク

勝俣恒久氏の公判にネットの反応は?

勝俣恒久元会長の公判について、SNS上でも様々な意見が上がっています。

 

 

まとめ

今回は勝俣恒久氏の家族や経歴・年収、ドバイ移住は本当かデマか?についても調査してきました。

勝俣元会長も兄弟家族も、物凄い経歴の持ち主でした。

また、娘婿が東電元社長というのも驚きです。

実際住んでいるかは分かりませんが、居住地がドバイになっている以上

ドバイ移住はただの噂、ではないのかもしれませんね。

勝俣恒久元会長の公判で、供述は責任逃れだという声もあがり

勝俣元会長の主張には批判が集まっています。

この件についてはまた続報が入りそうですね。

引き続き注目です。