まじトピ
まじで気になるトピックスをお届けするウェブメディア
芸能

中村嶺亜の油絵がヤバイ!ジャニーズ入所日や7MEN侍のメンカラについて解説

あなたはジャニーズの「7MEN侍」を知っていますか?もともとファンだった人、ドラマを見て知った人など色々だと思います。

今回はそんな「7MEN侍」のメンバーである中村嶺亜さんについてお伝えします。

彼の油絵の実力がヤバイと話題になっているので、通っている芸術大学の情報とともに調査しました。

そして中村嶺亜さんが所属している「7MEN侍」というグループには、他にどんなメンバーがいるのかや、彼のメンバーカラーが気になります。詳しく調査しました。

また、彼のプロフィールや出演ドラマ、舞台についても気になっている人が多いと思うので合わせて紹介します。

ではさっそく見ていきましょう!

 

中村嶺亜のプロフィール

 

名前:中村嶺亜(なかむら れいあ)

生年月日:1997年4月2日

年齢:23歳

出身:東京都町田市

身長:166センチ

血液型:A型

趣味:油絵

特技:スケボー・スノボー・ベース

職業:アイドル・俳優

活動期間:2009年10月から

所属グループ:7MEN侍

事務所:ジャニーズ事務所

 

中村嶺亜の出演舞台やドラマ

 

舞台

滝沢歌舞伎-TAKIZAWA KABUKI-(2010年)

JOHNNYS’2020WORLD-ジャニーズ トニトニ ワールド-(2013年)

ジャニーズ銀座2014〔Sexy Jr.〕(2014年)

ジャニーズ銀座2015(2015年)

ジャニーズ銀座2016(2016年)

SUPERHEROISM(2020年)ー主演・ゴタンダ役

ドラマ

恋の病と野郎組(2019年)ー三村蓮役

ゲキカラドウ(2021年1月6日から)ー篠宮亮介役

 

 

スポンサーリンク

中村嶺亜の油絵がヤバイ!芸術大学は「桜美林大学」?

 

中村嶺亜さんの油絵の実力がヤバイと話題になっています。2020年3月で大学を卒業した彼は、芸術関係の大学に通っていたことが分かっています。

大学名は公表されていないのですが、桜美林大学のビジュアル・アーツ専修か、和光大学の芸術学科ではないかと噂されています。

 

 

テレビ番組「プレバト」でもスプレーアートや丸シールアートなどで才能を発揮していましたね。

彼は中学のときから油絵を描いていたし、大学でも油絵を習っていたそうですよ。

 

 

 

中村嶺亜のジャニーズ入所日は?

 

2009年10月3日にジャニーズ事務所に入所したそうですね。小学6年生のときです。

 

 

中村嶺亜が所属しているグループ「7MEN侍」って?

7MEN侍は、「中村嶺亜さん・菅田琳寧さん・本髙克樹さん・佐々木大光さん・今野大輝さん・矢花黎さん」の6人で構成されているジャニーズグループです。

菅田琳寧(すげた りんね)さん

生年月日:1998年5月12日

出身地:神奈川県

血液型:B型

趣味:映画鑑賞・運動

担当楽器:ギター・サックス

メンカラ:

 

 

本髙克樹(もとだか かつき)さん

生年月日:1998年12月6日

出身地:東京都

血液型:O型

趣味:釣り・料理

担当楽器:キーボード

メンカラ:

 

佐々木大光(ささき たいこう)さん

生年月日:2002年5月20日

出身地:東京都

血液型:B型

趣味:人間観察

担当楽器:ドラム

メンカラ:

 

今野大輝(こんの たいき)さん

生年月日:1999年11月24日

出身地:神奈川県

血液型:A型

趣味:ギター・写真

担当楽器:リードギター

メンカラ:ピンク

 

矢花黎(やばな れい)さん

生年月日:2000年8月10日

出身地:東京都

血液型:A型

趣味:音楽を聴くこと

担当楽器:ベース

メンカラ:

参照:https://j-island.net/artist/group/id/8

 

 

中村嶺亜のメンバーカラーは?

 

中村嶺亜さんのメンカラは黄色です。

 

 

中村嶺亜についてネットの反応は?

 

 

 

 

まとめ

1997年4月2日に東京都で生まれた中村嶺亜さんは現在23歳になっています。2021年1月6日から始まっているドラマ「ゲキカラドウ」に出演中で、篠宮亮介役を演じています。

彼は芸術大学に通っていたことが分かっているのですが、どこの大学かは特定できませんでした。和光大学か、桜美林大学ではないかとのことです。

また、彼がジャニーズ事務所に入所したのは2009年10月3日。「7ZEN侍」という6人のジャニーズグループのメンバーで、メンカラは「黄色」です。

今後もますます中村嶺亜さんのテレビ露出が増えて、視聴者をメロメロにしてくれることでしょう。