まじトピ
まじで気になるトピックスをお届けするウェブメディア
芸能

新人女優・趣里のプロフィールや出演作を紹介!ドラマ「ワタナギ」にも出演!

最近最終回を迎えたドラマ「私の家政婦ナギサさん」に出演していた、新人女優・趣里さんについてお伝えします。

彼女のプロフィールや過去の出演作についても見ていきましょう。

ドラマ「私の家政婦ナギサさん」ではどんな役だったのでしょうね。

彼女の親は有名な俳優さんで歌手のあの人!気になりますね。

この記事を読んで、新人女優・趣里さんについて詳しくなりましょう。

 

趣里のプロフィール

名前:趣里(しゅり)

本名:水谷趣里

生年月日:1990年9月21日

年齢:29歳

出身:東京都

身長:158センチ

血液型:O型

趣味:映画鑑賞、フィギュアスケート

特技:クラシックバレエ、英語、ギター

性格:おっちょこちょい

好きな食べ物:アイス

職業:女優

ジャンル:舞台・映画・テレビドラマ

活動期間:2011年から

家族:父・水谷豊

   母・伊藤蘭

所属劇団:オーストラ・マコンドー(2014年から)

事務所:トップコート

趣里さん、紆余曲折あって現在の女優を志すことになったみたいですね。

元々はバレリーナの夢があって4歳からバレエ一色の生活を送っていました。

15歳のときにイギリスのバレエ学校へバレエ留学。

しかしアキレス腱断裂足首の剥離骨折と怪我が重なって医師から以前のようには踊れないと告げられたといいます。

そして帰国して治療に励み、リハビリを続けたもの以前のようには踊れずにバレリーナの夢を諦めたそうです。

そんな失意の中にいた趣里さん、軽い気持ちで参加した塩屋俊主宰の演技学校「アクターズクリニック」が彼女の転機となりました。

演技で表現したい気持ちはあるが、女優になるなら「二世」を背負わないといけない。とんでもない覚悟が必要になる。プレッシャーを感じていた彼女に塩屋は、

「でもお前は大丈夫だから頑張れ。女優を続けていけ」

引用元:https://ja.wikipedia.org/

と強く背中を押したといいます。

この出来事によって彼女は女優を目指すこととなりました。

 

趣里の出演作

テレビドラマ

・3年B組金八先生ファイナル直前同窓会スペシャル・ファイナル~「最後の贈る言葉」(柴崎茜役)

・ハンチョウ~神南署安積班~シリーズ4~正義の代償~(二川まどか役)

・リバース(村井香織役)

過ちスクランブル(主演=君島理沙役)

・ブラックペアン(猫田麻里役)

・絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(井沢の恋人=神崎美里役)

・モトカレマニア(加賀千鶴役)

・時効警察はじめました第5話(村瀬夏歩役)

不協和音 炎の刑事VS氷の検事(ヒロイン=宇都宮実桜役)

・私の家政婦ナギサさん(福田唯役)

など

 

映画

・シグナル~月曜のルカ~(神崎杏奈役)

過ちスクランブル(主演=君島理沙役)

生きてるだけで、愛(主演=寧子役)

など

 

CM

・ミクシィ・リクルートメントFind Job「先進途上人」篇

・ダスキン クリーン・ケア「くらしのリズムを整えよう」

 

 

スポンサーリンク

ドラマ「私の家政婦ナギサさん」ではどんな役?

「私の家政婦ナギサさん」というドラマは電子書籍サイト「コミックシーモア」から生まれました。

大手製薬会社で働いている家事ができないメイと、メイの元に家政婦として行くことになったナギサさんが繰り広げるラブコメディです。

メイ役を多部未華子さんが、家政婦のナギサさん役を大森南朋さんが演じていました。

メイの妹、唯役をしていたのが趣里さんです

唯が姉のメイの荒れた生活を心配して、自身が務めている家事代行サービス業者「NTSクリーンハウス」の同僚のナギサさんをメイのところに送り込んだのです。

 

趣里についてネットでの反応は?

 

 

 

まとめ

ドラマ「私の家政婦ナギサさん」を見ていたときに気になった新人女優・趣里さんについて取り上げてみました。

彼女の父親はあの長寿ドラマ「相棒」の主演を務めている、水谷豊さんです。

そして母親は女優の伊藤蘭さん。

趣里さんはバレリーナになるのが夢でしたが、自身の度重なる怪我のため途中で残念せざるを得なくなりました。

失意の中、軽い気持ちで参加した塩屋俊主宰の演技学校「アクターズクリニック」が彼女の新たな目標を見つけるキッカケになったのです。

「二世」になることに大きなプレッシャーを感じていた彼女でしたが、塩屋俊さんの激励を受け、女優の道を歩み始めます。

映画やテレビドラマで「過ちスクランブル」という作品で主演を務めています。役は君島理沙という人物を演じています。

最近まで放送されていた「私の家政婦ナギサさん」では主人公メイの妹・唯役を演じていましたね。

ドラマでは趣里さんがお茶を入れるシーンがあったのですが、父親が出演していたドラマ「相棒」のように高い位置から入れていると、ネットでは注目されていました。

そんな、最近活躍がめざましい趣里さん、もっとテレビに映画にといろんな役で露出してほしいですね。