まじトピ
まじで気になるトピックスをお届けするウェブメディア
ニュース

台風19号の浸水・冠水被害まとめ!千曲川や多摩川の氾濫がヤバい

台風19号が2019年10月12日に直撃し、一夜明けて被害の全容が見えてきましたね。

多くの場所で被害が確認されていますが、中でも長野県の千曲川や東京・神奈川を流れる多摩川が氾濫し、浸水被害が酷いとのこと。

どの程度の被害だったのか。その内容をまとめていきます。

千曲川の浸水被害

千曲川は長野県に流れる河川。

ここでは夜中のうちに千曲川の一部が決壊し、泥水が住宅地に流れ込んでいました。

現在は自衛隊のヘリコプターによる救助活動が行われている

千曲川の水位は下がりつつあるも、住宅地よりは水位は高い様子。

これからも氾濫の危険はありますね。

北陸新幹線も浸かってしまうほどの浸水だった様子。

 

また、千曲川の氾濫によって長野県の東御市にある田中橋の橋げたの一部が落下したとの報道もありました。

 

これにより、3台の車・5人に被害があったとされていますが、そのうち、3人の救助が確認されています。

多摩川の氾濫と浸水

台風19号の影響で、多摩川の一部が氾濫し、東京都世田谷区の一部に泥水が流れ込んでいた様子。

世田谷区の住宅の1階部分は浸水してしまっているとのこと。

また、川崎市高津区においても、マンションの1階部分まで浸水が進んでいるそう。

 

こちらはマンションの1階部分の天井付近まで水位が上がっていますね。

台風が去ったことで徐々に水位は下がってはいますが、現在のところは断線や停電が発生しているとのこと。

多摩川の台風が去ったことで水位は下がっているものの現在も上流から流れる泥水がとめどなく流れているため、近づいたりすることは非常に危険な状態とされています。

 

スポンサーリンク

阿武隈川の氾濫と浸水

福島県の阿武隈川が氾濫しているとのこと。

場所は郡山市中心部の石渕町付近で氾濫したと発表されています。

阿武隈川はそれ以外にも、阿久津橋付近、須賀川市の江持付近、本宮市のJR本宮駅に近い中條付近でも氾濫が発生しています。

 

こちらの画像は深夜3時くらいの様子。

画像を見る限りでは、地面が透けて見えるため、水位はそこまで高くはないように思えました。

しかしながら朝になって確認すると、実際は泥水が溜まった様子がツイッターで報告されています。

今だに阿武隈川自体の水位はそこまで低くなっておらず、今後何らかの影響で水位が上がる可能性もあります。

そのため、川には近づかないようにお願いします。

久慈川の氾濫と浸水

報道によれば、茨城県の大子町を流れる久慈川も氾濫しているとのこと。

氾濫の発生か署は久野瀬地区と矢田地区のようですね。

大子町によりますと住宅の床下が水につかっているという通報が多数寄せられているということ。

分かりやすい画像が確認できました。

 

画像を見る限りでは、ローソンと思われる場所や住居の1階部分が浸水している様子。

久慈川の氾濫は被害はそこまで大きくないようにも感じますが、

今だ流れは速いとのこと。

 

秋山川の氾濫と浸水 佐野市赤坂町ヨークベニマル辺り

栃木県佐野市に流れる秋山川です。

複数の地区の住宅に浸水被害があるようですね。

こちらが現在の動画です。

 

動画を確認する限りでは、確かに秋山川の一部が決壊しており、そこから住宅街へ泥水が流れ込んでいる様子が伺えます。

車などは運転席くらいまでは浸水しており、

一部では横転してしまっている車も確認できます。

秋山川決壊現場は佐野市赤坂町ヨークベニマル辺りとされていますね。

 

永野川の氾濫と浸水

栃木県の栃木市を流れる永野川も氾濫が確認されています。

午前2時ごろに栃木市大平町榎本で川の水が堤防を超え、氾濫が発生したということ。

確認する限りでは、車のナンバープレート付近まで浸水が確認されている様子。

 

具体的に決壊・氾濫した場所は栃木市大平町ぶどう団地ケーズ電気付近とされていますね。

被害状況も場所によるようで、一部では橋が落ち、大洪水が発生しているとのこと。

 

夏井川の氾濫と浸水

福島県のいわき市を流れる夏井川。

こちらでも氾濫が発生しています。

水位は午前0時付近から氾濫危険水域に達しており、その後まもなく氾濫が発生したとのこと。それに伴い、複数の家屋にて、床上浸水の被害が相次いだとされています。

 

 

現在は、住宅の屋根や二階部分にて救助を待つ人が多い様子。

およそ60人余りが取り残されていると報道されています。

水位は車が埋まるほど、溜まり、泥水が停滞している部分もあれば、現在もとめどなく泥水が流れ込んでいる部分もあるとのこと。

川崎市高津区のマンションで死者

報道によると、川崎市高津区でマンションの浸水した1階部分から心肺停止の状態で見つかった60代の男性が搬送先の病院で死亡が確認されたとのこと。

そのマンションでは他に避難し遅れた方はいないようですが、おそらくは何らかの原因によってこの60代の男性は避難できなかったのでしょうね。

 

消防がボートを用いて救助している様子が伺えます。

どのタイミングで逃げるべきか?は、判断が難しいですよね。

浸水は1階の天井に達し、深さは3メートルほどあったともされています。

おわりに

以上、現在確認されている限りの台風19号による被害をまとめてみました。

現在は台風は関東甲信越からは過ぎ去りましたが、それによって多くの爪痕が残る結果となっています。

報道されている死傷者が少ないのは幸いですが、一刻も早く救助を待っている人が助かることを願っています。