まじトピ
まじで気になるトピックスをお届けするウェブメディア
芸能

有働由美子の年収を調査!事務所はどこ?ラジオ「うどうのらじお」も紹介

日本テレビで23時から放送されている「news zero」でおなじみの有働由美子さん。

フリーに転身後、朝の顔から夜の顔になりましたね。

今回はそんな彼女の気になる年収を調査しました。

また、事務所はどこに所属しているのでしょうか。

7月10日からスタートしている、彼女がメインパーソナリティを務めるラジオ「うどうのらじお」についても紹介します。

ではさっそく見ていきましょう。

 

 

有働由美子の年収は?

有働由美子さんといえば、冒頭でもお伝えした「news zero」で毎日ほど見かけますよね。実はこのニュース番組の給料は、番組1本につき150~200万円ほどだそうです。月曜から金曜まで毎日出演していますよね。

150万としてざっと月計算しても3000万を超えます。「news zero」から支払われる金額だけで4億円ほど。

事務所の取り分などもろもろ引かれるとはいえ、年収2億円以上は有働さんのところに入っているのではないでしょうか

 

そんな彼女ですが、以前スタッフの反感を買っているという記事が上がっていましたね。有働さんは「ヘアメイクとスタイリストを同行させている、リハーサルをしない」というものでした。

詳しくは以下の記事を読んでくださいね。

あわせて読みたい
有働由美子に批判殺到はなぜ?理由と真相がヤバい!10月から「news zero」のメインキャスターを務めている 有働由美子アナウンサーに批判が殺到していると話題になっていますね。...

 

 

有働由美子の所属している事務所について

有働由美子さんは、NHKからフリーになって

「ナチュラルエイト」という芸能事務所に所属しました。

お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」やマツコ・デラックスが所属しているところです。

 

 

スポンサーリンク

有働由美子がパーソナリティをつとめる「うどうのらじお」とは?

有働由美子さんがパーソナリティを務める「うどうのらじお」7月10日(金)から始まっています。

時間は、毎週金曜日15時半から17時10分

 

どういうラジオなのかというと、

好奇心の塊でもある有働由美子が、週末を豊かに過ごすための「暮らし・行楽・旅・グルメ・エンタメ」を好奇心のままに追求し、リスナーの週末ライフを豊かにする、トーク&ミュージックバラエティ番組

引用元:https://www.1242.com/topics/234556/

なのだそうです。

 

 

有働由美子のプロフィール

名前:有働由美子(うどうゆみこ)

生まれ:鹿児島県日置郡伊集院町(現・鹿児島県日置市)4歳まで

育ち:兵庫県、大阪府

生年月日:1969年3月22日

年齢:51歳

血液型:O型

大学:神戸女学院大学文学部 総合文化学科卒業

所属事務所:ナチュラルエイト

趣味:読書、旅行、料理

特技:剣道2段

 

有働さんについては、今までの交際報道から髪型、家族のこと、経歴や珍事件に至るまでこちらの記事でも詳しくお伝えしています。チェックしてみてくださいね。

あわせて読みたい
有働由美子アナの髪型が可愛い!ショートカット・ロングヘアの画像も10月1日から日テレの報道番組「news zero(ニュース・ゼロ)」のメインキャスターに就任することが決まった元NHKアナウンサーの有...

 

 

有働由美子についてネットの反応は?

 

 

 

まとめ

「news zero」でおなじみの有働由美子さん、今ではすっかり夜の顔になりました。

今回はそんな彼女の年収や所属している事務所、7月から彼女がパーソナリティを務めているラジオについて調査しました。

有働さんは、「news zero」では放送1本に対しギャラが150~200万円なのだそう。

「news zero」の月収だけでも相当な額になります。だいたい月計算で3000万超え、年計算で4億。そこに事務所に入る分などさっぴいても給料は2億ほどあるのではないでしょうか。

 

「ナチュラルエイト」という事務所に所属している彼女。

 

7月10日から毎週金曜に「うどうのらじお」のパーソナリティも務めています。

グルメやエンタメ、旅などを紹介するトークと音楽のバラエティ番組なのだそう。こちらも楽しみにしているリスナーさんが多そうですね。

有働由美子さんは旅行が趣味とのことなので、「次は何を紹介するのだろう?」とパーソナリティの彼女自身も毎回興味津々なのかもしれません。

ネットでは彼女からは気骨がすり減っているという意見がありましたね。

確かに彼女はジャーナリストになりたいという思いからフリーになったはず。ジャーナリストへの熱意はなくなってしまったのでしょうか。

活躍の場はどこであれ、輝いた姿を今後も見せてほしいです。