まじトピ
まじで気になるトピックスをお届けするウェブメディア
スポーツ

上原浩治引退の理由は?シーズン途中に異例の引退!

野球界から衝撃の報道が入ってきました。

日本並びにメジャーリーグでも活躍した上原浩治選手が、引退を発表しました。

シーズン終了後の発表ならまだしも、シーズン途中での引退発表は極めて異例です。

異例の決断をした背景には何があったのでしょうか?

そこで今回は、「上原浩治引退の理由は?シーズン途中に異例の引退!」と題してお伝えしていきます。

上原選手のプロフィールやこれまでの経歴、そして引退を決断した理由についてお伝えしていきます。

それでは、始めていきます。

上原浩治選手のプロフィール

名前:上原浩治(うえはらこうじ)

生年月日:1975年4月3日(44)

出身地:大阪府寝屋川市

身長:187cm

体重:87kg

所属チーム:読売ジャイアンツ

 

上原選手が野球を始めたのは高校生からでした。

小学校から野球を始める人が圧倒的に多い中、スタートは遅めだったわけです。

しかしよほどの才能があったのか、大学入学後にはあっという間にエース級に成長し、そしてプロへと足を踏み入れました。

上原浩治選手の経歴

そんな上原選手ですが、読売ジャイアンツへと入団することになりました。

当時は「逆指名」という制度があったため、上原選手が巨人を指名して入団した形になります。

上原選手は1998年巨人へ入団、99年にプロ初出場を果たしました。

ルーキーイヤーとなる99年はなんと20勝を記録する大活躍。

翌年こそ成績を落とすも安定して活躍し、2009年からはメジャーリーグで活躍しました。

さらにレッドソックス時代には、日本人初のワールドシリーズ胴上げ選手になりました。

昨年から日本球界に復帰し読売ジャイアンツに所属するも、決して本来の成績とはいえず、今シーズンは一軍登板はありませんでした。

スポンサーリンク

上原浩治選手引退の理由は?

そんな状態を考えてなのか、上原選手は引退を発表しました。

理由としては主に2つで、

「直球が通用しなくなった」

「若手の機会を奪いたくない」

この2つが理由となるようです。

読売ジャイアンツは現在セントラルリーグ首位ですが、中継ぎ陣の層の薄さが露呈している形です。

上原選手はその状況を考慮して、引退を決断したのでしょう。

自分が投げていると若手の出場機会を奪ってしまう、それではチームの成長に繋がらないということですね。

シーズン途中での発表は極めて異例ですが、本人としてもそれだけ意思が固かったのでしょう。

SNSでの声

まとめ

今回は、上原浩治引退の理由は?シーズン途中に異例の引退!」と題してお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

「若手が投げる機会を奪いたくない」という理由は、潔さを感じますね。

功労者であることはいうまでもないので、何かしらの形でこれからも野球に携わってほしいです。

コーチの打診もあるのでは?と思いますので、その点などは詳しい情報が入れば更新していきます。

改めてお疲れ様でした。

それでは、今回はここまでにさせていただきます。

ありがとうございました