まじトピ
まじで気になるトピックスをお届けするウェブメディア
ニュース

阪急電鉄広告が炎上!批判殺到で公開中止になった模様!

広告が思った以上に炎上してしまったようです。

阪急電鉄が掲載した広告が時代にそぐわないものだとして大きな批判を浴びていましたが、掲載を中止するとのことです。

そもそも広告の内容はどういったものだったのでしょうか?

批判が起こることは事前に計算できなかったのでしょうか?気になりますね。

そこで今回は、「阪急電鉄広告が炎上!批判殺到で公開中止になった模様!」と題してお伝えしていきます。

それでは、始めていきます。

問題の広告は?

問題の広告は、電車の中吊り広告に掲載されているものです。

「手取り30万円では少ない」との趣旨に捉えれますよね。

この表現が公開直後から物議を醸し、大きな批判を巻き起こしました。

掲載は中止に

この事態を受けて、阪急電鉄側は広告の掲載を中止することを発表しました。

担当者のコメントでは、

思いが至らず、事前チェックが不十分でした。その点について反省しております。再発防止に努めたい

とのことでした。

昔の時代とは違う中で、この広告が炎上するのはやむを得なかった気がしますね。

明日以降、順次公開を中止するとのことです。

スポンサーリンク

SNSでの声

おわりに

今回は、「阪急電鉄広告が炎上!批判殺到で公開中止になった模様!」と題してお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

現代はこういった広告からの炎上も多くありますので、広告を出す側も気を付けなければいけませんね。

結局批判を浴びてすぐ中止するのはなんとも言えませんが、今回は掲載中止を決定したようです。

物議を醸さない広告を出してほしいと思います。

それでは、今回はここまでにさせていただきます。

ありがとうございました